高級ブランドのカジュアルなブレスレット

高級なブランドジュエリーでも、手頃な価格帯で買えるブレストレットを毎年発表しています。シルクコードやレザーなどで出来たブレストレットは、普段使いのジュエリーとして気軽に身に付けることが出来ます。貴金属で作られたブレストレットは苦手という男性でも、抵抗なく使用すること出来ますね。お勧めのブレスレットをご紹介いたします。

〇カルティエLOVEチャリティブレスレット
1970年に発表さされたLOVEコレクションを記念して発売されたLOVEチャリティブレスレットです。ピンクはジェーン・バーキンがアンバサダーとなっている限定品です。アメリカでは、ピンクゴールドのリングでしたが、日本ではホワイトゴールドとなっています。コードタイプのブレスレットは、トリニティリングなどもあって色々揃えたくなりますね。シルクコードが古くなってきたら、カルティエの店舗で有料にて交換することも出来ますが、好きな紐を購入して結び直すのも楽しいと思います。腕時計との相性も良いので、普段使いにお勧めです。画像1-10

〇エルメス ヴィヴィリデ ブレスレット ハートカデナ
フランス語で南京錠のことをカデナといいます。1987年から毎年テーマに沿ったブレスレットを発表していて、コレクターもいます。写真のブレスレットは、2004年に発売されたカデナで、ファンタジーがテーマとなっています。チョーカーとして使用したり、二重にしてブレスレットとして使用する2way使いが出来るところが魅力です。画像2-10

〇グッチ
きっちりと編まれたレザーのブレスレットに、スターリングシルバーがアクセントになっています。グッチのクレスト(紋章)が刻印されたチャームが付いているタイプや、馬具店出身ならではのホースビットタイプがあります。

各ブランドで発表されているブレスレットは、男女関係なく使用することが出来るデザインのものが多いので、好きな人とお揃いで身に付けたり、プレゼントするのもいいですね。他にもシャネル、コーチ、バレンシアガなど多くのブランドからカジュアルなブレスレットジュエリーが発表されています。

使い込んだレザーやシルクコードのブレスレットは、買い取ってもらえないと思っていませんか?高級ブランドのブレスレットはコレクターもおりますので、意外と高く売れるかもしれません。いくらになるか知りたいけど、わざわざ店頭に行ったり、品物を送ったりするのは面倒という方は、LINEで簡単に査定することが出来ます。
一点からでも査定を承っておりますので、是非ご利用下さい。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください メール受付中!
TEL. 0120-94-1198
FAX. 03-5537-7520

フリーダイヤル受付時間:10時~19時 年中無休(正月1日2日を除く)