☆ジュエリーをいつまでも美しく保つためには

温泉に入る際は成分によって変色する恐れがあるので、絶対に外して下さい。日常の入浴時も、石によってはお湯や石鹸に弱いものもありますし、力が入って変形してしまう危険性があったり、石鹸のカスがこびりついて不衛生なので、着けないようにしましょう。
台所仕事をするときも、うっかり火に近づけてしまった天然石にヒビが入ったり、漂白剤やジュース、お酢などで変色する可能性もあるので、外しておいたほうがよいでしょう。その他の家事やスポーツなど、体を動かす時も、壊さないよう外した方が安心です。
また、保管の際には、外したらまず柔らかい布で汗や皮脂をふき取り、ジュエリー同士がぶつかって傷がついたりしないよう、個々に小さなビニル袋に入れてからジュエリーボックスに入れるのがベストです。特にシルバーやゴールドは、曇って輝きがなくならないよう、空気に触れにくいジッパーロックのついた袋がおすすめです。

●プラチナ・ゴールド

汗や化粧品が付いてしまった時は、コットンクロスやメガネ拭きなどの柔らかい布で拭き取ります。
汚れがひどい時は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯かジュエリー洗浄液で丁寧に洗い、よくすすいだら柔らかい布で水気を取ります。場合によっては、毛先が柔らかい筆や歯ブラシなどでやさしくこすり洗いをしてください。
チェーンなどの細かい部分は、ドライヤーの冷風で乾かすと安心です。
傷がついたり輝きがなくなってきた時は、信頼できる宝飾店で磨き直しやクリーニングをしてもらうと、もとの輝きを取り戻せます。

●シルバー

変色してしまった場合、歯磨き粉で磨くのが簡単な方法ですが、小さいピアスや細い指輪などの場合、力が入り変形させてしまったり、壊してしまう危険性があります。また、表面を光沢仕上げにしている物は、磨きすぎて逆に表面を傷つける事がありますので、あまりお勧めできません。安心なのは、「銀磨き」として市販されている薬剤を使って磨く方法です。液体やペースト状のもの、もしくはクロス(布に薬品が染み込ませてあるもの)がデパートや宝飾専門店などに売られています。

●パール

汗や酸、化粧品などに弱いため、夏場はなるべく肌に直接つけるのは避けましょう。使用後は柔らかい布で、汗や皮脂を拭きとって下さい。
傷がつきやすいので、使用時や保管時にも十分注意が必要です。
また、他の宝石と異なり、有機物の為、熱や紫外線の影響で変質する場合もあるので、高温・多湿・日光を避けて保管してください。
パールのネックレスは、糸に汚れが付いたり、伸びて切れやすくなる恐れもあるので、年に一度は宝石専門店で糸替えをしてもらうことをお勧めします。

●ダイヤモンド

非常に丈夫な宝石ですが、衝撃には弱く、欠けたりするので注意が必要です。
また油脂汚れが付きやすく、特に裏面(パビリオン)に油が付くと、輝きがなくなっていくので、はずした後は、すぐに柔らかい布でやさしく拭きましょう。プラチナやゴールドと同じく、汚れがひどい時には中性洗剤で洗うのがお勧めです。超音波洗浄で洗う方法もあります。

●エメラルド

オイルや樹脂の含浸処理がされているものが多く、熱にも弱いので、 洗剤での洗浄は絶対にしないでください。汚れたらシリコンクロスを使い、軽く拭く程度にして、ひどい時には専門店に任せるのが一番良い方法です。超音波洗浄も厳禁です。

●オパール

宝石の中で唯一水分を含むものなので、乾燥には非常に弱いため、直射日光は絶対に避けてください。昔は保管の際水につけておくとよいという人もいたようですが、水につけたり出したりすると水分バランスが崩れ、割れやすくなるため厳禁です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください メール受付中!
TEL. 0120-94-1198
FAX. 03-5537-7520

フリーダイヤル受付時間:10時~19時 年中無休(正月1日2日を除く)